読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目をつぶらない

文学を専門とする大学院生の日記です

1:

 なにか書きたいと思うとき、ワードにひたすら綴るのも良いであろうしTwitterで迷惑を顧みず長文ツイートを連投するという手もあるだろうが、それにしてもまとまった量を「誰かに読まれているかもしれない」という意識のもとに書いてみたかったために、こういったブログを始めた。内容は本当にくだらない断片であり、誰かが読んでくれるであろうことは全く期待していない。ただ、もしかしたら読まれているかもしれないという意識が欲しかった。

 自分の経験を振り返ると、書くという行為はなかなか通り一辺倒にゆかぬもので、旅先だと妙に筆が進んだり、締め切りに追われてぎりぎりの状態で仕上げるという一見余裕のない状況の方が思いもよらない良作が書けたりする。だから僕はブログを書くという行為に少し期待している。ほんとうに、ほんの少しなのだが。