SUMMERY

目をつぶらない

文学を専門とする大学院生の日記です

2014-02-16から1日間の記事一覧

16

駅で久々に会った友達は、君はどうしたんだと声をかけたくなるほど、やつれているような顔つきをしていた。僕はその表情から受ける感覚を少し考えた末に、やつれているというより老いてるんだ、彼の中に老いの兆候を見たのだと思い当たった。疲れてそうだっ…